今後も看護師求人は増加の見込み!その理由とは

最近の看護師求人&転職事情について

看護師の就職・転職市場では、様々な場所で人手不足が叫ばれていますね。そのため、「売り手市場である。」「引く手数多である。」など、いかにも看護師の転職や就職が優位だといった内容の意見を耳にするようになりました。実際に転職を意識し始めた看護師にとって、それら転職事情は大変気になるところです。看護師の就職や転職は、今本当に優位なのでしょうか?
看護師転職サイトを利用するメリットとデメリット

まず、医療機関で叫ばれている人手不足の主となる理由を考えてみましょう。やはり、多くの方がイメージする通りに“少子化”や“高齢化”によって、医療機関のニーズが高まっていることが多きな要因となっているようです。少子化によって新人の看護師が減っていく上に、高齢化によって看護師の必要性が高まっておりますので需要が供給を超えた状況となっているのです。

また、その他の理由として考えられるのは“看護師の活躍の場が広がった事”です。看護師の職場としてイメージされる病院などの医療機関はもちろんですが、近年では企業や幼稚園など、その活躍の場は多岐に渡ります。

ただでさえ人手不足である上に、他の場所にまで新たな需要が増え続けいる看護師の就職口が、最近の医療機関での人手不足に拍車を掛けているのではないでしょうか。つまり、これからも今まで以上に看護師の転職は売り手市場が続くと考えられます。多くの求人情報のなかから、より自分に合った職場を見つけ出し、あなた自身の有意義で輝ける看護師人生に繋げましょう。

このように需要が膨らむ看護師の転職市場ですが、やはり人気の高い職場というものが存在します。いくら売り手市場だといえ、そういった求人は倍率が高く狭き門となるでしょう。

パソコンや携帯電話の普及により、近年では就職支援を行うサイトが数多く存在します。転職を希望する看護師はもちろん、人材を求める病院・企業側のサイト利用も多く、転職を希望する多くの看護師がそこで新たな職場に出会っているようです。それらほとんどのサイトは登録無料でサービスを受けることが可能ですので、ぜひ積極的に利用してチャンスを勝ち取って下さい。

看護師の転職先[訪問看護]

看護師の就職・転職先は病院や施設ばかりではありません。利用者さんの自宅へ訪問する「訪問看護」という仕事をご紹介致します。訪問看護とは、自宅で待つ利用者さんの元へ看護師が一人で直接訪問し、利用者さんへのフォロー・看護などを行う職業です。

多くの場合、訪問看護師は地域ごとに分かれた訪問看護ステーションに所属し、医師や医療機関、その他ケアマネージャーなどの様々な職業の方々と協力し合う形ですので、「一人で行く」といっても独立しているわけではありません。むしろ、現場ではコミュニケーション脳色が問われ・大いに発揮できる息業なのです。

訪問看護を行う看護師の主な業務は、一人で利用者さんの自宅へ訪問し、利用者さんの入浴やリハビリ・医療器具の確認や、血圧や体温の測定を行う事はもちろん、利用者さんと同居するご家族の相談相手や介護支援など、多岐に渡ります。

医師やケアマネージャーと連携をとりつつ、一人で利用者さんへ接する事になりますので、責任感の強さやコミュニケーションスキルが問われる職業といえるでしょう。さらに、限られた時間内に、看護師のスキルやノウハウから自宅に潜む危険を客観的に評価・回避へ努めるのも訪問看護の重要な役割です。

また、限られた訪問時間で利用者さんと接する訪問看護のお仕事は、勤務時間が比較的短く、パート勤務での募集も多いため、小さな子供を持つママさん看護師に人気の高い就職先でもあります。

訪問看護師はフィジカルアセスメントを行うことで利用者さんの異変・異常を早期発見するきっかけを担っています。このポイントが、時給が高い事が多く、この職業の人気の高さを支える秘密でもあります。もちろん、この短い時間内に利用者さんから必要な情報を聞き出す能力が問われますので、やはりコミュニケーション方面への能力に長けた方向けの職場ですね。

訪問看護の利用者は“病気や障害を持つ方”となるのですが、多くは高齢者になってきます。そのため、ターミナルケアへの興味・関心がある方も向いている職業です。